mamaingの絵本で子育て * こんな時 なんていう⁇

子供の自己肯定感や生きる力を育む絵本を中心にご紹介していきます*

子供たちの自己肯定感を育む絵本🌏くらやみのなかのゆめ[クリス・ハドフィールド]

🌏 子供の自己肯定感を育む、夢を現実にした宇宙飛行士の本当にあった話。

くらやみのなかのゆめ

作 宇宙飛行士 クリス・ハドフィールド

絵 ザ・ファン・ブラザーズ

訳さくまゆみこ

🌏 絵本の内容は、作者のクリスさんの子供時代。

こちらの絵本は、作者のクリスさんの幼少期の体験を元に作られた絵本です。現在では、宇宙飛行士として尊敬されているクリスさんですが幼少期は、夜の暗闇が怖かったようです。

🌏 絵本の作者のクリスさんは宇宙飛行士。

カナダで生まれたクリスさんは子供の頃、1969年7月20日にアポロ11号が月面着陸するのをテレビで見ました。そのとき、ニール・アームストロングが月面に降り立つのを見た事が、彼の人生を大きく変えたそうです。

 

『夜のやみはゆめをうみだし、朝の光は、その夢を実現するためにあるのです。ークリス・ハドフィールドー』

 

身体にしみわたる、素敵な言葉ですね。

 

🌏 夜の暗闇の中でクリスさんが見つけたもの。

 クリスさんが子供たちに伝えたかった事。

親なら誰もが子供たちに伝えたい事。

 

暗闇に打ち勝つ事。

自分で目標を持ち、絶望的だとしてもがんばり続ける事。

自分に向き合って行きていく事。

 

子供たちに言葉で伝えられないけれど、上手く伝えられない事ってありますよね。

そんな未来ある子供たちに伝えたい奥深いメッセージがつまった一冊です。

 

まずは夜1人で寝る練習をしているお子さんに。

子供たちの成長とともに、自己肯定感を育む、絵本の中に詰まっている奥深いメッセージに気づく事が出来るでしょう。

 

mamaingより。

 


くらやみのなかのゆめ [ クリス・ハドフィールド ]

 

⏩ 楽天ブックスこちらから。くらやみのなかのゆめ [ クリス・ハドフィールド ]

⏩ 

⏩ セブンネットショッピングはこちらから。

⏩ 絵本ナビはこちらから。

 

 

🌏 mamaingがオススメする絵本たちはこちら。

てん[ピーター・レイノルズ]* 自分らしさを許せる絵本

どうするティリー?[レオ・レオニ]* 生きる力を育む本。

ないた赤おに [ 浜田広介 ]*人と人とのつながりについて考えさせられる絵本

いろとりどり[マーカス・フィスター]*漠然とした不安や不満になった時におすすめな絵本

てつぞうはね[ミロコマチコ]* ペットを飼う前に親子で読んで欲しい絵本。

スポンサードリンク